2006年04月03日

モカのご飯事情

この前ペットパティースが来た時に、ヒマラヤン猫(笑)のモカちんにもあげてみました。
モーちゃんは好き嫌いが激しいので、どうせ食べないだろうダッシュ(走り出すさま)と思っていたのにちゃんと食べていたのでビックリexclamation×2
以前も手作り食への切り替えをしようとしたのですが、生肉に見向きもしなかったので諦めてました。
もしかしたらできるかもひらめきと思い、翌日から生肉をあげてみることにしました。
ワンコのご飯よりお肉の割合を増やしてあげます。

しかし。。。食べませんたらーっ(汗)

30分置いて食べないので片付けます。

夜も同じようにあげてみましたが、食べませんふらふら
う〜ん、これは根競べになるのかなぁ。

翌朝は少し食べましたぴかぴか(新しい)

でも。。。しばらくすると吐いてましたがく〜(落胆した顔)
生肉合わないのかなぁ?
ほとんど食べれていないはずなのに下痢にもなっちゃいました。

ドライフードを混ぜてみました。
すると少しだけ食べてまた嘔吐と下痢顔(汗)
混ぜずにドライフードと生肉をあげるとドライだけ食べます。
食事を切り替える時には少しずつというのが基本ですが、モーちゃんにはこの方法は通用しないんです猫(怒)

ペットパティースを食べた時には嘔吐も下痢もなかったのになぁ。
ペットパティースに猫用があればいいのに。。。

ちょうどその時「猫用があるみたい」と聞いたので、ペットパティースを販売しているショップ2軒に問い合わせをしてみました。

すると「FOR DOGSと書いてあるけれど、パッケージを見てもらったら分かるように、ペットパティースは犬猫兼用です。」との答えが返ってきました。
へぇ〜、そうだったんだエサ
PICT0003.JPG
確かに犬と猫の絵が描かれていますね。

でも犬と猫では必要な栄養素が違うと思うんだけどなぁ???
その点を猫専門のサイトの方に聞いてみると、
ペットパティースは犬のものと同じものを販売しています。
この製品を取り扱うにあたって私も最初にメーカーに問い合わせたところ
パティースを最初に作ったアメリカの獣医師の話しによれば
パティースはタンパク質が結構多いこともあって
そのまま猫にあたえても問題がないとの回答でした。
また生肉をフリーズドライしていることでタウリンもほぼそのままなの
でその点でも猫にあたえて問題がないと思いますが
もしご心配でしたらタウリンのサプリメントを強化されるとよいのでは
ないかと思います。
という丁寧な答えが返ってきました。

それで安心してペットパティースを与えることができましたぴかぴか(新しい)
大丈夫かな?と思えば生肉を少しプラスして、タウリンのサプリメントを添加すればいいか。

ペットパティースをあげ始めましたが、今回はまったく食べてくれません顔(泣)
この前食べたのに何故〜exclamation&question
朝晩あげては捨て、あげては捨ての繰り返し。。。
ペットパティースをあげ始めて丸4日経ったけれど、一口も食べないままです。
お腹は空いてるはず顔(汗)
「前に食べてたご飯をちょうだいexclamation×2」とスリスリお願いしてきますたらーっ(汗)
「私もツライのよ〜もうやだ〜(悲しい顔)お願いだから食べてexclamation×2
ここを我慢しなければ手作り食への切り替えはできないわexclamationと心を鬼にしてペットパティースをあげました。

しかし次の日、とうとう私が折れてしまいましたダッシュ(走り出すさま)
これ以上続けるとモーちゃんが病気になっちゃいそうで。。。
病気にさせないようにと、手作り食への切り替えをしているのに、切り替えることでモーちゃんにストレスをかけて、栄養失調で倒れさせたりしたら元も子もないですよねふらふら反省たらーっ(汗)

というわけで、モカの手作り食へのチャレンジは失敗に終わりました。
猫の食事の切り替えは難しいと聞いてはいたけれど、本当に難しいですバッド(下向き矢印)

PICT0001.JPG
久々登場、少し前に撮ったシャンプー直後のモーちゃんです。
ちょっとまだ半乾きexclamation&question


ニックネーム ひなこころ at 22:12| Comment(7) | TrackBack(0) | ご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

ペットパティース

手作り食のことを勉強すればするほど、ドライフードに対して疑問に思うことが多くなってきました。
でも手作り食の一番の問題は栄養バランス。
その問題を解消できるのが最近少しずつ増えてきたフローズンフードです。
肉(骨・内臓込)と野菜などを火を通さずにそのまま冷凍したものです。
輸入物のドライフードは輸送中の温度管理等に問題がある場合が多いと言われてますが、この点も冷凍してあるのでクリアぴかぴか(新しい)
そしてドライフードには必ず入っていると言っていい米、とうもろこしなどの穀類が入っていない点が私的にはポイント高いです。
猫は完全肉食、犬は雑食性に近い肉食動物です。
犬は雑食性なので穀類であっても比較的消化は可能ですが、消化管の短い猫にとって穀類や野菜の消化は大きな負担になります。
猫が植物性たんぱく質の多いフードを長年食べていると腎臓にかかる負担が大きくなります。
高齢の猫に腎機能の異常が非常に多いのはそのためではないかと言われています。
犬にとっても、体内で糖質を作ることができるので消化の悪い穀類をわざわざあげる必要はないそうです。
あげるとするならばよく煮込んで肉類などの動物性食品とは別に与えるとよいそうです。

この前お値段がそこそこするドライフードメーカーのHPを見ました。
A.何故消化が悪い白米が使われているのですか?と言う質問に
Q.確かに白米は消化に良いといえませんが、価格の安いトウモロコシや小麦と比べればはるかに消化吸収率が良いので使っていますという答えでした。
なんだか納得できない理由ですよね。
消化が悪いのは分かっているけれど、安いトウモロコシを使うよりましでしょ、フードのかさ上げをする為には仕方がないんだものってことでしょうか?

ちょっと話がそれてしまったので戻ります。
yorikoさんがバーフダイエット&ペットパティースを使われてるのを見てうちも試してみることにしました。
PICT0003.JPG
本当はバーフダイエットの方を使ってみたかったのですが、うちの冷凍庫は冷凍肉でいっぱいの為ペットパティースにしました。
この手のフードはやっぱり値段が高いので成長期で栄養バランスをしっかりしないといけないアンディーだけの予定です。
PICT00381.JPG
水で戻すとこんな感じ。
アンディーには1回1枚の12分の1をあげています。
食いつきはいいです。
でもなんだか味気なくてこんなんでいいのかしら?と思ってしまう私。
今日はこのお肉で、こんな野菜を入れて、何をトッピングしようかなるんるんって楽しみがないですたらーっ(汗)

初日はワンニャン全員にあげました(犬用ですが。。。)
なんとニャンまで完食しましたGood
猫はフードの切り替えが難しくて、今まで何度かトライしたんですがドライフードの上に少しお肉をトッピングしただけでまったく食べなくなります顔(泣)
諦めてたんですが、ちょっとは希望が出てきたみたい虹
猫のドライフードは犬に比べて種類も少ないし、穀類が入っているものが多くて不満でした。
ペットパティースに猫用があればなぁ。
モカちんも手作り食べてくれればいいのに揺れるハート

モカの手作り食チャレンジについてはまた報告しますねわーい(嬉しい顔)
ニックネーム ひなこころ at 00:00| Comment(11) | TrackBack(0) | ご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする