2006年11月04日

玉造温泉へGO!

毎年恒例の秋の温泉旅行紅葉
今年は11月3日4日の日程で玉造温泉ですいい気分(温泉)

ワン達はさくらさんにお願いして、いざ玉造へ車(RV)

まず1日目(11月3日)はカラコロ工房にて絵付けに挑戦わーい(嬉しい顔)
子供達だけが絵付け体験をしました。
それはそれは素晴らしいぐちゃぐちゃ絵皿の出来上がり〜るんるん
写真撮るの忘れてましたバッド(下向き矢印)
3週間後に自宅に送られて来る予定です。

カラコロ工房内のショップ『たまゆら』さんで色々な力を持つ石に魅了されて、勾玉のペンダントやストラップを購入。
私が選んだのは赤めのうの勾玉ペンダント。
情熱と行動力を涌き上がらせる力をもっています。
お父さんが選んだのはタイガーアイの勾玉ストラップ。
洞察力、決断力を養う。邪悪な力を跳ね返し、災いを防ぐのだそう。
勾玉を持って神社にお参りすると、神秘の力がアップするらしい。
明日は神社へ行くぞ〜exclamation

今日のお宿は白石家さん。
20061103001.JPG
お料理もおいしくってサービスもよくって大満足でした揺れるハート
コピー 〜 PICT0039.JPG
しかも女将が挨拶に来てくれました。
白石家さんは3代女将がいらっしゃいます。
この方は大女将。
お酌までしてもらって大喜びの私です顔(イヒヒ)

2日目(11月4日)は『いずもまがたまの里伝承館』でまがたまづくり体験。
ロウセキを紙やすりで削って勾玉の形にしていきます。
コピー 〜 PICT0047.JPG
今回は全員体験しました。
20061104002.JPG
先生に言われたとおり、水の中で勾玉を磨いているこころちん。
20061104003.JPG
勾玉が出来たら、皮ひもの色を選んでビーズを通します。
ハイ、8人お揃いのペンダントが出来上がりですぴかぴか(新しい)
いい記念になりましたわーい(嬉しい顔)

お昼ご飯に出雲そばを食べてから、次は出雲大社へ。
20061104004.JPG
私の大好きな江原啓之氏の本によると、出雲大社は伊勢神宮に次ぐほどの極めて格式の高い神社だそうです。
縁結びの神様だと言われていますが、本来男女の縁結びを指しているだけではなく、男女が結ばれ子孫が繁栄することが国家の繁栄につながるからこそ、個人の願い事をするよりは、『日本国そのものへの守護』をお願いするべき神社であるそうです。
20061104005.JPG
こちらは本殿の裏手にあるスサノヲノミコトを祀る素鵞社(そがのやしろ)
20061104006.JPG
神楽殿の大注連縄。
こちらや拝殿の注連縄に十円玉を投げつけてうまく突き刺さったら願い事が叶うという俗説があるそうです。
実際硬貨を投げつけている方がたくさんいらっしゃいました。
しかし神聖な建物の注連縄にお金をなげつけるなど不敬としかいいようのないことらしいです。
これを読んだ方はしないようにしてください。

その後はすぐ近くにある『島根ワイナリー』へ。
いっぱい試飲をして『神在月』と言うこの時期限定のワインを購入。

そして最後は私が一番行きたかった場所、『須佐神社』へ。
須佐神社は霊能力者の間では有名なパワースポットであるそうです。
神社名からも分かるように、スサノヲノミコトをご祭神としてお祀りしています。
スサノヲノミコトは魔を祓う、浄化のパワーを持った神様なので須佐神社は『祓い清める』というご神徳を持っています。
とりわけ強烈なパワースポットが本殿の裏手にあるご神木の周りだそうです。
20061104007.JPG
樹齢1200年の大杉です。
このご神木のパワーを勾玉に分けていただけるようにお願いして来ました。
残念ながら私には霊能力というものが一切無いようで、パワーを感じることは出来ませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)
でも、きっとご加護がありますようにるんるん

須佐神社を出てから3時間半。
さくらさんの自宅近くへ到着しました。
ジョージ、進次郎、アンディーのお迎えです。
3匹とも賢くしていたそうです犬(笑)
さくらさん本当にありがとうございましたぴかぴか(新しい)

続きを読む

ニックネーム ひなこころ at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする